長野市にある当院は1回の施術でつらい肩こりを解消します

たいむ整体院


自律神経失調症について

自律神経失調症の4つのタイプ

自律神経失調症には次の4種類が存在します。
  1. 本態性型
  2. 神経症型
  3. 心身症型
  4. 抗うつ型
まずは一つずつどのような症状なのか見ていきましょう。

1.本態性型

本態性型自律神経失調症とは、生まれつきの体質によって自律神経のバランスが乱れやすいことから生じるタイプです。

このタイプの自律神経失調症の人には、低血圧や虚弱体質、体力に自信がない人などに多いです。そのため病院で検査しても特に異常が見つかりません。

また仕事や人間関係などのストレスが直接的な原因となるわけでもありません。体質そのものが原因ですから、睡眠不足などで生活リズムが崩れないように注意しなければなりません。

2.神経症型

神経症型自律神経失調症とは、心理的な要因によって生じるタイプになります。自分の身体の不調に敏感な人がなりやすく、些細な精神的ストレスがあってもすぐに体調を崩してしまいがちです。

感受性がとても高く、人よりもかなり過敏ですから、その精神状態の移り変わりがまともに体に影響を及ぼしてしまうのです。

3.心身症型

心身症型自律神経失調症とは、仕事や人間関係など日常的なストレスによって生じるタイプになります。自律神経失調症に最も多いタイプと考えられています。

生真面目で責任感が強い性格に多いタイプであるといわれ、日常生活のストレスを抱え込んでしまい、自律神経のバランスを乱してしまうことになります。

4.抗うつ型

抗うつ型自律神経失調症とは、ストレスを積み重ねていくことによる「うつ症状」によって生じるタイプになります。心身症型自律神経失調症がさらに進行していくと、このタイプになると考えられています。

自律神経失調症のあらゆる症状に加え、意欲の低下や抑うつ症状が強くなります。性格的には生真面目で責任感の強い性格に多いタイプといえます。

438814.jpg

自律神経失調症の人にあらわれる主な症状

精神面の症状

イライラする、何となく不安感がある、集中力の低下やる気が出ない、悲しくなる

肉体面の症状

慢性的な首こりや肩こりがある、慢性的に腰が重い、寝付きが悪い、途中で目が覚める眠気がずっとある、沢山寝たのに疲れが取れてないだるいめまいがする、微熱が続く、立ちくらみがする、食欲がない、足が冷える・ほてる円形脱毛症になった、頭痛がある、耳鳴りがする、のどの詰まり感がある、心臓がバクバクする息苦しい息切れがする、吐き気がある、下痢・腹痛・便秘などがある、小便が近い残尿感がある、生理が定期的に来ない、手足がしびれる筋肉や関節の痛みなど

以上の様な症状で病院に行って検査しても、特にこれといった原因が分からないと、自律神経失調症と診断されることがあります。

近年、不規則な勤務時間や会社でのストレスなどが原因で自律神経のバランスが崩れてしまい、そういう診断を受ける方が多くなっています。

あなたもそう診断されてどうしたら良いか分からなくなってお困りではないですか?それでしたら、これからお話する内容をじっくりお読み下さい。
あなたの健康のお役に立てたらうれしいです。

自律神経とは?

簡単に言うと、交感神経と副交感神経という2種類の神経があり、それらが時と場合によりバランス良く働き、呼吸、体温、心拍数、血管の収縮・弛緩、消化、吸収、筋肉の収縮、弛緩などを自分で意識しなくても勝手に働いて体の内部の機能を調整します。

ですから、自分で意識しなくても呼吸したり、食べ物を食べて消化するために胃腸を働かせたり、体温を調節するために汗をかいたりします。

反対に、自分で意識して「心臓を今から3分間止めるぞ」と意気込んでもそんなことはできませんよね?
このように、自分の意識しなくても自動的に働くのが自律神経です。
(例外で一部、自分で意識して調整できるものもあります)

ここから先は交感神経と副交感神経のことを詳しく述べていきたいと思います。

交感神経と副交感神経

交感神経は動物で例えると獲物を追いかけている時や、敵と戦ったり、敵から逃げたりする時など緊張状態の時に働きます。

副交感神経は逆で、獲物を捕らえて食べ終えてリラックスしている時や、敵から逃れてホッとしている時などに働きます。

では、それぞれの神経が働いている時に体にどんな事が起きているのかこれから話していきます。

交感神経優位の時(緊張している時)

  1. 筋肉→収縮する(縮んで硬くなる)
  2. 血圧→高くなる
  3. 心拍数→高くなる
  4. 消化・吸収→あまりしなくなる

副交感神経優位の時(リラックスしている時)

  1. 筋肉→弛緩する(緩んで柔らかくなる)
  2. 血圧→低くなる
  3. 心拍数→低くなる
  4. 消化・吸収→活発になる
これらは、どちらが良いとか悪いではなく、お互いがバランス良く働くのが理想的です。

ですが、本当なら力が抜けていてもいい場面なのに力が抜けない状態が続く時や、逆に本来なら少し緊張感があってもいい場面なのにリラックスしすぎている状態になると自律神経のバランスが乱れて自律神経失調症となります。

近年、会社や家庭でのストレスにより自律神経のバランスが崩れて、体調を悪くしている人が多くなったように感じます。

普通の病院で検査しても特にこれといった原因もなく、自律神経失調症と診断された場合は、精神科や心療内科を受診してみても良いでしょう。

ですが、精神科や心療内科を受診したり、安定剤などの薬を飲むのが嫌だという方は、整体などで体の外側から治療してみるのも一つです。まだ間に合うかもしれません。

 

当院でできること

もうすでにあなたも精神科や心療内科を受診していたり、安定剤を飲んでいるかもしれません。
ですが、それはある意味危険なことで、薬を飲む量が次第に増えて行ったり、薬でごまかしているだけで良くなっているのではなく、悪くなるのを遅くしているだけのように感じます。

当院では、下記にようなことで改善を目指していきます。
  1. 整体で体の歪みを整えることにより、無駄な力が抜けてリラックスしたり、意識がハッキリすることで自律神経のバランスが整っていきます
  2. 自律神経の調整を行うためにやっていただくストレッチや運動を指導します
  3. 食事など、日常生活でのアドバイスを行います。
  4. 体の悩みはもちろん、仕事やご家庭での悩みも相談にのります。

上記の解説

1について、今の社会では無意識にどうしても力が入ってしまい、常に緊張状態になり、首こりや肩こり、腰痛などに悩まされたり、不眠症になったりします。これは交感神経が常に優位になっている証拠です。

当院で整体を受ける事により、自然と力が抜け、リラックスします。すると自律神経のバランスも整っていくものです。結果、ガチガチになっていた首こりや肩こり、腰痛が楽になりよく眠れるようになります。

また、逆に今の社会の情報の波にやられて思い悩む体質だったり、何かやろうと思ってもなかなか取りかかれない、または胃腸の調子が良くないなどの人は副交感神経が常に優位になっている証拠です。

整体を受ける事により、意識がハッキリして、やる気がおき、力が入るようになります。すると自律神経のバランスも整っていくものです。結果、決断や行動が早くなり、胃腸も休まり胃腸の調子も良くなります

2について交感神経が常に優位に働いている場合はストレッチをして体を緩めるようにしていくと緊張も取れてきます。逆に副交感神経が常に優位に働いている場合は運動など体を動かしていくと少しずつ体に力が入ってきます。

3についてうつ病や自律神経失調症の改善には食事が大切です。
食事の内容やタイミングまた食事後に行う体操を指導していきます。

また、日常でのリラックスの仕方やストレスを溜めないコツなどもアドバイスしていきます。
そうすることで薬に頼ることなく、根本から良くしていくことが可能になります。

4について、体の悩みはもちろんですが、もし仕事やご家庭での悩み事があれば相談してください。話すことで気持ちが楽になることがありますし、何か力になれることもあると思います。

なんでも話してください。私はあなたの味方です。
一度いらしてゆっくりお話を聞かせて下さい。

ご予約の際のお願い

当院は院長一人で運営、施術を行っております。施術中は電話に出られない事がありますので24時間いつでも簡単に予約できる【ネット予約】をご利用いただけたら幸いです。(スマホでご覧の方は最上部☝に青色の【ネット予約】ボタンがありますのでそちらをご利用ください。)

注:お手数ですがネット予約の際は必ず【メニューの選択】を先に行ってください。よろしくお願いいたします。

お電話でご予約の際は【ネット予約】にてメニューの選択をして、空き時間をご確認の上、ご希望の日時を2~3個ご用意下さい。それからお電話いただけるとスムーズに対応できますのでよろしくお願いいたします。

また施術中などで電話に出ない場合は申し訳ありませんが時間をずらして再度お掛け直しいただけたら幸いです。

只今予約がいっぱいになってきております。翌日以降でご指定いただければ予約が取りやすくなっております。予めご了承くださいませ。
 
お問い合わせはこちら

ご予約に関しましては、お電話でのご予約をお願いいたします。

 

たいむ整体院のご案内

住      所:
〒380-0921 長野市栗田653-115
アクセス:
長野駅より徒歩12分
お問い合わせ・ご予約
026-217-8291
受付時間:

平日
09:00~13:00
15:00~21:00 

土曜日
09:00~13:00
15:00~19:00

定休日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ